NEWSお知らせ

【第153号】「それがすべてと思うなよ、というお話」 を配信しました。

掲載日:2021年06月10日

昔、ある王様が6人の盲人を集めて、ある動物を撫でさせた。

 

そして一人ひとりに「どのような動物だったか?」を述べさせた。

 

すると6人はこのように答えたという。

 

「なんと、この動物は柱のようだ」

「何を言う。あれはロープみたいだったぞ」

「いやいや、うちわのような動物だ」

他の3人もまた、

「ヘビのようだ」

「壁のようだ」

「ヤリのようだ」

と、まるでバラバラの答えを言った。

 

彼らは自分の答えこそ正しいと主張して一歩も譲らず、ついには言い争いを始めてしまった。


 

さて、6人の盲人が撫でた動物とは何だと思いますか?

 

 

今回は、この寓話をもとにした「一人の人をどう見ているか?」や「その人はなぜそう見えるのか?」についての一考察です。

 

ひょっとしたら、あなたの人間関係改善のお役に立てる内容かもしれません。  (文:大原)

 

 

※ 本Webサイトのバックナンバーページへのアップは、約1ヵ月後の予定です。

※ 本メルマガの無料配信をご希望の方は、メールマガジン登録フォームよりお申込みください。